May 15, 2018

woodwork 工房イサド展

2018 5.19sat > 27sun[作家在廊:19(土)/CLOSE:22(火)] 

工房イサドの本田さんといえば、デッドストック材を使ったカッティングボードやコースターが有名ですが、 スプーンやお盆などテーブルまわりのものから、鏡や額、オブジェなどの制作にも精力的に取り組まれています。 
木という素材そのものの面白さや魅力をどう引き出すかを考え、ご自身の作品と向き合い制作する本田さんの、 新たな方向性を垣間みることができる展示になればと思っております。 2011年の2人展から実に6年半ぶりとなる工房イサドさんの個展。
ぜひ、みなさまのご来店をお待ちしております。

 〈出品予定作品〉スプーン、お皿、古材のお盆、額、鏡、スツール、ドライフラワーベース、オブジェ など 

工房イサド/本田 淳 Kobo Isado / Atsushi Honda 
1968年東京都生まれ。埼玉県在住。パルコ勤務、職業技術専門校、家具工房勤務を経て、2003年工房イサドとして独立。 

“私は新材、古材の区別なくいろいろなものを作ります。  
木目、色、硬さ、厚み、匂い、傷・・・どんな木にも必ず存在する魅力。
それを見つけて形にする。そんなことが私の仕事であるようです” 





 



April 30, 2018

西山芳浩 展

2018 5.5sat > 13sun[作家在廊:5(土)/CLOSE:8(火)] 

江戸時代や明治、大正、昭和初期の手工業的なガラス製品の作り方に興味を持ち、 刺激を受けながら素材の魅力を探り続けているガラス作家  西山芳浩さん。 
型吹きで制作された作品は、均一で素朴な印象を受けるものが多いですが、 西山さんの作品は、シンプルな造形に軽やかな揺らぎを感じるテクスチャが施され 繊細でありながら優しく人を惹きつける魅力があります。 また、宙吹き特有の柔らかなフォルムを活かした花器には洗練された美しさがあり、 その佇まいに目を奪われる方も多いことでしょう。 Analogue Lifeでは初個展となる西山さん。 新緑の美しいこの季節、涼しげなガラスとともに皆さまのご来店をお待ちしております。 

 Yoshihiro Nishiyama 
1979年 愛媛県生まれ / 1997年 ザ・グラススタジオ・イン函館 スタッフ /  1998年 (株)SUWAガラスの里 スタッフ / 2001年 (株)播磨ガラス工房 インストラクター 2004年 金沢卯辰工芸工房 研修者 / 2007年 金沢牧山ガラス工房 スタッフ / 2009年 金沢市にて制作

〒467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F 
 Tel 090-9948-7163 
 Open 12:00~18:00 Close 〈展示期間中〉 8日(火)のみ   

*誠に勝手ながら、5月の常設展示はお休みさせていただきます。
 企画展のみの展示となりますことをご了承ください。
5月19日(土)〜27日(日)woodwork 工房イサド展 (初日作家在廊)





April 20, 2018

西川聡展

Satoshi Nishikawa Exhibition
西川 聡 展 2018 4.21sat > 28sat[作家在廊:21(土). 22(日)/CLOSE:24(火)] 

 Analogue Lifeで初個展となる西川聡さんは、現在、自然豊かな湯河原で作陶されています。ご出身は名古屋で、多感な時期をこの地で過ごされたということです。 
20代の頃にアフリカなど世界各国を旅して出逢ったプリミティブな造形は、西川さんの代表的な作品ともいえる赤い肌合いのうつわなど、その後の作品づくりに大きく影響しています。 また、気さくでお料理好きの一面をもつ西川さん。 時折訪ねて来るお客様に自らおもてなしをすることもあるそうです。 料理が映えるうつわや、花を活かす花器を中心に制作されているのも、ごく自然なことなのでしょう。 

今回の展示では、定番の漆を使った赤いうつわや黒銀彩の作品、 日常に使えるティーポット、お皿や花器など、色や技法も様々な作品が並ぶ予定です。 Analogue Lifeの空間に静かに佇む西川さんの作品を多くの方にご覧いただければ幸いです。

 Satoshi Nishikawa 
1967年 愛知県生まれ / 1990年 武蔵野美術工業大学デザイン学科卒業 / 1992年 初個展(京王百貨店) / 1995年 第四回国際陶磁器美濃 入選 / 1996年 日本クラフト展 入選 / 1997年 スペインにて制作活動、二人展、アフリカ大陸・中東を放浪 / 1998年 工房KAYAを設立、北の菓子器展 奨励賞 / 1999年 クラフト全国公募’99 札幌優秀賞 / 2004年 神奈川県湯河原へ工房移転   

〒467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F 
 Tel 090-9948-7163 
 Open 12:00~18:00 Close〈展示期間中〉24(火)のみ   
*誠に勝手ながら、4月の常設展示はお休みさせていただきます。
 企画展のみの展示となりますことをご了承ください。




April 13, 2018

ミルバレーでの展示を終えて

ミルバレーでの展示を終えて無事日本に帰国しました。

ミルバレーでのレセプション当日午前までは雨が降ったり天気の悪い日もありましたが、午後からは晴天となり、レセプションに相応しい日となりました。
 会場のヘンリービルトはサンフランシスコから車で30分、ショールームの前はNYと異なり、人があまり歩いていないと聞いていましたので、どのくらいの方にお越しいただけるか正直不安でしたが、始まってみれば150名以上の方が足を運んで下さっていて、とても賑やかなレセプションとなりました。 NYよりも顧客が少ないこのエリアで作品に興味を持っていただけるか、作品を手に取っていただけるか、こちらもまた不安でしたが、お越しいただいたみなさんが楽しそうに買い物をされているのが印象的でした。  

HENRYBUILTのCEOスコットと出逢っていなければ、ますはこのような素晴らしい場所で展示を行うことすらできなかったので、彼との出逢いには本当に感謝していますし、現地で私たちに力を貸してくれた人たちに対しても同じ気持ちです。

海外で何か行う時、例え小さなことでも日本のように自分たちの力で全てをコントロールすることができないので、助けていただいたり、協力してくださったりする方がとても有り難く感じます。

今回、西と東という気候も住んでいる人たちの感覚も全く違う場所で2回展示を行い、感じたこと、学んだことが本当に多くあります。インスタ等で他の方の写真や文章を見て、何となく現地の事をわかったような気になってしまうこともありますが、やはり自ら足を運んで得たことや感じたことは、次への原動力になりますし、自分自身の大切な財産になっていくんだと思います。このブログを読んでくださっている方の中で、何かに挑戦したいと思っている方がいたとしたら、ぜひ、勇気を出して一歩踏み出してみてください。
きっと何かが見えてくると思います。





April 11, 2018

瀧川かずみ展開催中です

瀧川さんの鞄は私自身何個も持っていますが、メインの鞄として使ったり、補助的にも使える大変便利な鞄です。帆布をコーヒーと紅茶で染め蝋引きした鞄は丈夫で、使い始めはかためですが、経年変化によりどんどん柔らかくなって使いやすくなります。またチョークマークがついていい味が出てきますが、気になる方はドライヤーの熱を鞄にあてれば、蝋が溶けて新しい鞄のようにパリッとします。 

瀧川さんの鞄は、無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインで男女問わずお使いいただけるのが魅力ですし、普段の生活の中であったらいいな、と思うデザインの鞄が多くあるのも特徴です。 図書館鞄や特大サイズの舟形鞄は、美大など荷物をたくさん入れて通わなければいけない学生の方、スーパー用の鞄はおしゃれで主婦の方にもオススメですし、書類整理ができる鞄などそれぞれの生活に合わせてお使いいただけます。またインテリアの一部としてお部屋の中で使うのもオススメです。

殆どのアイテムは4色展開で、今回は新作のエプロン(料理用ではなく作業用)など新作も制作していただきました。最近ではなかなか実際に手にする機会も少なくなってきていますので、まだご覧になられていない方は、ぜひこの機会に手に取ってみてください。 展示は今週土曜日まで(営業時間:12時〜18時)

 Kazumi Takigawa 
1986年生まれ。 
多摩美術大学にて彫刻を学ぶ。
彫刻制作の過程で蝋引き鞄が生まれる。
2011年より鞄の制作を開始。

名古屋市瑞穂区松月町4-9-2-2F
 090-9948-7163

12:00~18:00
(展示期間中の閉店時間が18時に変更になりました)



April 02, 2018

瀧川かずみ展

 Kazumi Takigawa Exhibition waxed canvas products 
2018 4.7sat > 14sat[作家在廊:7(土)/CLOSE:10(火)]

クラフト紙で出来た簡素な紙袋の質感や、それを使う事で生まれる風合いに心惹かれるという瀧川かずみさん。 2011年、彼女がそのテクスチャーを長期使用に耐えうる素材に置き換えて鞄制作をはじめて間もなく、 Analogue Lifeでのお取り扱いが始まりました。
制作7年目を迎えた今では、色や形のバリエ-ションも随分と増えました。 
ファッション性というより、むしろ“ものを運ぶ道具”として機能的な構造に重点が置かれたデザインの鞄は 使い手により様々な用途に利用できることから、男女問わず多くの方に支持されています。 
今展では定番のアイテムに加え、身のまわりで使える小物やエプロンなど新作のアイテムも多数並ぶ予定です。 この機会に瀧川かずみさんの世界観に触れてみてください。 

「Analogue Lifeのお二人に声を掛けていただき、お店で紹介してくださってから早5年。 共に作品を育てていただきました。この5年間で新しく生まれたもの、変わらず作り続けるものを春の名古屋で展示いたします。」 
 瀧川かずみ

 Kazumi Takigawa 
1986年生まれ。 
多摩美術大学にて彫刻を学ぶ。
彫刻制作の過程で蝋引き鞄が生まれる。
2011年より鞄の制作を開始。

展示期間中20日(火)お休み

名古屋市瑞穂区松月町4-9-2-2F
 090-9948-7163

12:00~18:00
(展示期間中の閉店時間が18時に変更になりました)


February 04, 2018

Mitsuhiro Konishi Exhibition

2月17日(土)〜25日(日)初日作家在廊

展示期間中20日(火)お休み

金属を使い彫刻やカトラリーを制作されている小西光裕さん。
今回Analogue Lifeでの個展が初めてとなる小西さんには、食卓で器を引き立ててくれるカトラリーを中心に様々な形や用途のものをご用意していただきました。
普段使いに、またご家族や大切な方への贈物など、用途に合わせてお気に入りのカトラリーを選びに入らして下さい。
*展示期間中は、少量ですがsu-nao homeのうつわも並びます。  

名古屋市瑞穂区松月町4-9-2-2F
 090-9948-7163

12:00~18:00
(展示期間中の閉店時間が18時に変更になりました


January 11, 2018

1月の展示のお知らせ

gangaの手仕事から生み出されるもの 
ganga+maki 工房から〜
1月19日(金)〜1月27日(土)

(初日はスタッフの方が在廊され、巻き方や合わせ方のアドバイスをしてくださいます)

1月23日(火)展示期間中の休み

 2009年、手仕事と自然の知恵をよりあわせ 暮らしをたすける道具を制作する工房としてスタートした「ganga」。 
2017年春には北インドのヒマラヤの麓にganga+maki 新工房を構えられ、これまで以上に自然の恵みや人の手技の素晴らしさを伝える場となっています。
Analogue Lifeで2年ぶりとなる今回の展示では 職人の丁寧な手仕事から生み出される天然素材を使った 手紡ぎ、手織りの軽やかな布や力強い布、 温かみのある布などをご紹介いたします。 それぞれの風合いを楽しみながら 自分だけのお気に入りの一枚を探してください。 

展示品:掛け布、ケープベストやショール、腰巻き、コースターやティーマット、鍋敷き、ポシェット など 

名古屋市瑞穂区松月町4-9-2-2F
 090-9948-7163

12:00~18:00
(展示期間中の閉店時間が18時に変更になりました)

2018年展示スケジュール

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます 
本年もよろしくお願い致します。 
JANUARY 
gangaの手仕事から生まれるもの 
ganga+maki 工房から~ (Textiles)  January 19th ~ 27th‬ 

FEBRUARY 
Mitsuhiro Konishi / 小西光裕 (Metalware) 
‪February 17th ~ 25th‬ 

MARCH 
HENRYBUILT Showroom, Mill Valley CA. USA Teshigoto to Kurashi - An exhibition of Handmade Japanese Handmade Objects and Utensils. late March (exact date to be announced) 

APRIL
 Kazumi Takigawa / 瀧川かずみ (Waxed Canvas Bags) April 7th〜14th
Satoshi Nishikawa / 西川聡 (Ceramics) April 21st ~ 28th‬

MAY 
Yoshihiro Nishiyama / 西山芳浩 (Glass)  May 5th ~ 13th‬  

Kobo Isado(Atsushi Honda) / 工房イサド(本田淳)(Wood) ‪May 19th ~ 27th‬

JUNE 
Tetsuya Otani ×Yuichi Takemata / 大谷哲也 × 竹俣勇壱 (Ceramics /Metaware ) ‪June 2th ~ 10th ‬

Takafumi Toriyama / 鳥山高史 (Glass) ‪June 16th ~ 24th‬ 

JULY
Toru Hatta / 八田亨 (Ceramics) ‪July 7th ~ 15th‬ 

SEPTEMBER 
Tatsuya Hattori / 服部竜也 (Ceramics) ‪September 1st ~ 9th‬

 OCTOBER 
Taiki Sugishima × Wataru Hatano / 杉島大樹 × ハタノワタル (Metalware /Paper) ‪October 6th ~ 14th‬

NOVEMBER 
Kan Ito / 伊藤環 (Ceramics) ‪November 10th ~ 18th‬ 

DECEMBER 
Motomu Oyama / 大山求 (Metaware) date to be announced .

 2018年より企画展中も営業時間が‪12時~18時に‬変更になりました。また終了日も展示によって異なります。展示スケジュールにより常設の営業日が少なくなってしまう月もありますので、ご来店いただく前にHPのNewsでスケジュールをチェックしていただけますと助かります。。

December 30, 2017

ありがとうございました

今年も残り僅かですが、振り返れば2017年はたくさんの方との出逢いがあり、そして多くの方に支えられた一年でした。来年も新たなことに挑戦しつつ、目の前の事にもしっかりと向き合いながら進んでいきたいと思います。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

Discover Japan DESIGN うつわ作家名鑑

11月28日に発売された
「Discover Japan DESIGN うつわ作家名鑑」の中の「目利き店主の視点から、いま注目すべき作家が見えてくる」という企画でAnalogue Lifeを取材していただきました。
Analogue Lifeの事や作家、作品について色々書いていただきましたので、書店に行かれる際には、ぜひ、お手に取ってご覧ください。

November 27, 2017

大江憲一展 Norikazu Oe Exhibition

12月9日(土)〜17日(日)
 展示準備 7. 8日休み/展示期間中12日(火)休み
初日作家在廊  


昨年、土岐市へ工房を移転された大江憲一さん。

新たな場所での生活も慣れはじめ、より一層意欲的に作品づくりに取り組まれています。
今展では、この時期に相応しい鍋や土瓶、耐熱陶器など温もりを感じられるアイテムを制作していただきました。
家族の団欒や親しい友人をもてなす際に活躍するものなども多数展示いたしますので、ぜひ、この機会にご覧ください。

みなさまのお越しをお待ちしております。
 


「今回の展示は定番の作品に加え新しいお皿の型を何型かつくりました。クリスマスに鳥を丸ごと一羽焼けるオーブン用の大きな耐熱器や千葉工作所とのコラボ作品、コーヒードリップスタンドセットも展示します」大江憲一
 


It takes about one hour and 40 minutes from Tokyo to Nagoya by Shinkansen. From Kyoto about 30 minutes.



November 15, 2017

お知らせ

寒くなってきたこの季節に役立つgangaの掛け布やケープベスト、腰巻が実店舗に入荷しました。また、少量ですがガラス作家の波多野裕子さんのパート・ド・ヴェールという技法を用いて制作された作品と手漉き和紙職人ハタノワタルさんのお膳をオンラインショップに準備が整い次第(出来る限り今日中に。。。)アップします。

October 25, 2017

「霜降の舞」

10月21日(土)、岩本忠美、吉田直嗣、谷匡子による漆、陶器、花で奏でる三人の秋の夜のしらべ「霜降の舞」 が終了しました。

暗闇の中でKikuchi Takuro さんの音楽と蝋燭の灯りでスタートした谷さんのパフォーマンス。岩本さんと吉田さんがご自身の作品を中央テーブルへ運び置いていく器に迷いなく花や枝を活けていく谷さん。
 .
 限られた光の中で花を活けるという行為は、見るものの感覚を刺激し、運ばれてくる花や枝の揺れる音、草花を切る鋏の音さえも普段よりクリアに聞こえた気がしました。 .

花を活けながら、間合いを取り、自分の歩んでこられた道や花を通して伝えたい事、今感じている事を話される谷さんに、その場にいた方それぞれが自分の中にしまい込んでいるものと重ね合わせ、深く感動しているのを感じました。

 外はあいにくの雨でしたが、雨の音さえも心地よく聞こえる空気感を作ってくれた谷さんやスタッフの方、岩本さん、吉田さん、お越しいただいた皆様、素敵な時間をありがとうございました。 

October 11, 2017

挿花家 谷匡子「そのままの美 その人なりの花」

10月21日からスタートする岩本忠美×吉田直嗣の2人展に合わせて挿花家 谷匡子さんに花活けパフォーマンスを(21日(土))、22日(日)は「そのままの美、その人なりの花」というタイトルで、その方のためだけに谷匡子さんが花を束ねて下さいます。

「谷さんが今回束ねる花は、市場で買い付けた花ではなく、岩手でご自身が借りられている山に自生しているものや、谷さんご本人が愛情をいっぱい注いで育てた草花が花材として使われます。 この世に生を受けた草花に敬意を払い、谷さんの感性で選んだ花たちが絶妙なバランスで花束に仕上げられていく様は見るものを惹きつけます。 
「花束」と言葉で言ってしまうと、ただ花を束ねるという単純な作業のように思えますが、自然を愛する谷さんが、花の命がこの世に宿り朽ちていくまでの一連の様子を間近で見ているからこそ、谷さんの花束には「綺麗」や「美しい」だけではない、何か大切なものが心に残るのだと思います。
 谷さんの花を見て感じる事は人それぞれ異なりますが、束ねられた花と自分とを重ねながらおひとりお一人が何かを感じていただけましたら幸いです。
                                                                                                                            Analogue Life 店主
<おしらせ>
 21日(土)18:00-18:40 
岩本忠美、吉田直嗣、挿花家 谷匡子による漆、陶器、花で奏でる三人の秋の夜のしらべ「霜降の舞」 音:Takuro  Kikuchi 〈参加費:無料 人数制限などはございません〉 

22日(日)「そのままの美、その人なりの花」ご予約の受付は終了致しました。
10:00 ご予約済 / 10:30 ご予約済 / 11:00 ご予約済 / 11:30 ご予約済
14:00 ご予約済 / 14:30 ご予約済 / 15:00 ご予約済
15:30 ご予約済 / 16:00 ご予約済 / 16:30  ご予約済
谷匡子さんと1対1でお話ししながら、自然からの恩恵を受けた秋の草木が放つ美しさをその方のためだけに束ねます。
〈予約制10名様 8,000円(税抜き)〉 ※お電話〈090-9948-7163〉でご予約を承ります。 

*谷匡子 Masako Tani 挿花家。「doux.ce(ドゥセ)」主宰。東京と岩手にアトリエをもち、花を活けることを通して日本人がもつ自然観と美意識を伝えている。著書に「四季をいつくしむ花の活け方」「花活けの手びき」(誠文堂新光社)がある。